プログラミング学習「js・jQuery 」1.0ヶ月 (No.2)

2020年7月30日プログラミング

初めまして。momoです。

ツイッター(@momokatusan)です。

 

プログラミング初心者が、在宅フリーランスを目指すブログです。

MacBookも初心者、WordPressも初心者、そして、プログラミングも初心者、全てが初心者ですが、どこまでできるか試してみたいと思います。

受講から 1.0ヶ月経ったのでブログをアップします。

 

今までの学習報告はこちら↓

 

進捗報告(2019/10/16〜10/31)

実績

期間 2019/10/16〜10/31
時間(合計):学習 29.5(60.5)
時間(合計):補足 17.0(40.0)

javascript (js)・jQuery

javascript (js)とJavaは、プログラミング言語の一つです。(この二つは別モノ)

jQueryは、プログラミング言語ではなく、「ライブラリ」と呼ばれるプログラムの集合体です。

 

jsを学習するのなら、Excelの関数とVBAの知識があると理解しやすいです。

コードには関数がよく出てきます。

というか、関数でまとめられています。

 

また、 リファクタは奥が深いです。

リファクタでコードが短くなると思いきや、逆に関数を使い、長くなったりします。

結果的に、修正しやすいので、そのようなコードを「 コードが綺麗 」と言います。

決して、オレオレコードにならないよう気をつけましょう。

プログラミング用語はこちら

文字数カウント

ブログ記事本文は1000文字以上書こうと思っていますが、私、そんなに長文書けないし、wordpressには文字数カウントがないから、自分が何文字書いたんだろうと気になりながら、記事を書いていました。

何かいいものがないか調べていたら、ちょうど 文字数カウントのプラグインを見つけました。(プラグインって無料なの?)早速、有効化にすると、なんと文字数をカウントしてくれています!感動!

そして、スクールのLesson7「実践!入力文字数をカウントしよう!」で、実際、自分でコードを書いて作ったものが、文字数をカウントしてくれています!さらに感動!!

やっぱり、自分で作れるプログラミングって楽しいですね!

【プラグイン】

・WP Word Count = 記事枠下に文字数表示

・WP Multibyte Patch = 投稿ページごとに文字数表示のリストができ確認できる。

Emmet(エメット)とは

「Emmet」とは、コードとショートカットを組み合わせて、効率的にHTMLやCSSのマークアップを手助けしてくれる、 便利ツールです。

プログラミング学習で、毎回コードを書くのに、タグ(例:<div></div> )やプロパティ(例:background : = #000000)を書くのが面倒になってきました。そこで、何か効率的にできないか調べたところ、「Emmet」が良いとのことで、早速、使って見ました。

そしたら、これまた感動!

とても楽にコードを書くことが出来るじゃありませんか。

そして、時間短縮にもなる〜。

今まで、<(小なり)から1文字1文字書いていた私にはあまりの驚きでした。

もっと早く出会っていればと思いましたが、今までがあるからこの有り難みがわかるのだなあと思いました。

Emmetの略語を覚える必要もありますが、コードを書きながら覚えていきたいと思います。

設定方法

環境設定(Atom)→インストール→パッケージのインストールで「emmet」を入力→インストール

Emmetの略語一覧表はこちら→チートシート

お役立ちサイト

お役立ちサイトはこちら→ フリーランス

便利機能(ショートカットキーなど)

ショートカットキーやパソコンの便利機能をまとめました。

ショートカットキー

ショートカットキーについてはこちら↓

ショートカットキーについてはこちら
ショートカットキー

便利機能

パソコンの便利機能についてはこちら↓

パソコンの便利機能についてはこちら
パソコンの便利機能

今日の一言

プログラミングは最初、何を言っているのかチンプンカンプンでしたが、手を動かし、復習することで、身になることを実感しました。

そして、自分が作りたいモノが出来た時の感動は大きいです。

なんだか子供の時にブロックで遊んでいた時を思い出します。

今回の記事の文字数は2200文字でした。

(意外に書けるのね。1000文字はこの半分くらいです。)

※次回のブログアップは、0.5ヶ月ヶ月後(2019/11/15)です。

前回の記事(0.5ヶ月) No.1はこちら

次回の記事(1.5ヶ月) No.3はこちら